曜子のワイン日記|ワインの話し

ワインの雑学

ソムリエについて

ソムリエについて

私がソムリエの資格を所得したのは1999年です。もう12年もたってしまったんですね!

ちなみに私の場合女性なので、ソムリエールと認定書には書いてあります。フランスには関係ないのに、なぜかフランス語で書かれています。最近は日本ソムリエ協会の知名度も上がり、酒屋さんにも、レストランにも、多くの資格者が居られます。飲食店にかかわる方は5年間飲食に従事して入れはソムリエの試験を受ける資格を与えられます、酒屋さんや酒造メーカーなどにかかわる方は3年間仕事に従事していれば受ける資格が与えられます。が、ソムリエとは言わず、ワインアドバイザーと言います。それ以外の方も受ける資格がありますが、それはアドバイザーと呼ばれます。

ワインセミナー

私は受験をするにあたり、ワインスクールに通いました、田崎先生のスクールに受験を受ける前から、合格後約2年間通いました。その時、同じ教室で何度もお会いした、女優の○島○美さんは私と一緒に見事受かりましたが、ソムリエールではなくエキスパートと言う称号です。

同じように見えて、呼び方が違います、また、2次試験の内容も微妙に違ってきます。

 

では、ソムリエの仕事といえばレストランなどで飲み物全般の管理をしたり、サービスを提供する人のことなんです。わたしもそうですが、このソムリエとは単なるワイン好きでワインに詳しい専門家と思っている方も少なくないんじゃないでしょうか?確かに私はワイン好きのノンベイですが!

 

昔から貴族の毒見役として、ヨーロッパでは専門職として存在を認められてきたのがだそうです

合格するのはなかなか難しいとされている試験のひとつのソムリエの資格試験、しかし日本では資格としては新しい方でまだまだ歴史が浅いみたいでがご興味ありましたら、受験してみてください。たとえ落ちたとしても、ワインにかなり、浸透する事は間違いありません。

レストランでの食事の際どのワインにしようかなど悩んだときなど、ソムリエに相談し好みに合うワインを教えてもらうのが良いと思いますよ。スパルタではギリシャ料理専門名なので、数は多くありませんが、フランス他各国のワインも取り揃えています。

コメント入力はこちらから

  • ランチのご案内
  • ディナーのご案内
  • 結婚式二次会・各種パーティ 着席70席/貸切OK|ギリシャ料理 スパルタ
  • オフィシャルブログ|ギリシャ料理 スパルタ
  • 曜子のワイン日記|ワインの話し